2017年08月23日

『 The Dark Tower 』

rg6g91wzv9my.jpg
『 The Dark Tower 』公式サイト

鑑賞日:2017年8月21日(2D英語)

一日2回上映になっててヤバイから「ダークタワー」を見てきました。全く前情報入れてなかったので、ディストピア系のSFなのかなと思ってたら、どちらかというとファンタジーでした。イドリス・エルバのガンスリンガーの格好良さ、男の色気に加えてパパみさえある存在感マジカッケェっす。

roland1_copy.png
イドリス・エルバが二丁拳銃で横っ飛び…してたかは覚えてないけど、見所は撃ってるときより寧ろそのシックススロットルにアモを装填している描写です。格好良すぎて映画館でウホホッ!とか奇声を上げてしまった。「リベリオン」の装填シーンとはまた違ったマジかよ!で良いよ!

dark-posters.png
そして俺、マコノヒー悪役なのねーと思ったらまさかの魔法使いでした。あの体躯で、魔法使いってお前。全身黒服で胸元がかなり深く開いたVネック、しかもシャツの袖が若干萌え袖。俺、マコノヒー、俺、肉感派文系。卑怯なくらい強いんだけどちょっと詰めが甘い悪い魔法使いさん。

場面転換が多くて行ったり来たりするし、結局よく解らない点もあるんだけど雰囲気がいいんだよね。主人公の少年の夢(または想像力)の世界と現実が交錯したり…なファンタジー感はどこか「ネバーエンディングストーリー」的な80年代ファンタジーみがちょっとアップデートされたような感じ。

あ、これスティーブン・キングが原作かあ。そんな感じするわ、確かに。

主人公の少年役(原作だとガンスリンガーのローランドが主人公みたい)のトム・テイラーは初めて見る子役だったけど、心に傷を負って夢と現に翻弄されて病んでる感じがよく表れてて良かったと思う。

原作はかなり長編みたいだし(スティーブン・キングのライフワーク作?)異世界ものにありがちな説明の足りなさはあるものの、イドリス・エルバのガンスリンガーの格好良さと俺、マコノヒーの闘いを見てるだけで楽しいのでなかなか良作だったと思う。

そういやマシュー・マコノヒーが黒髪ってのも珍しかったかもしれない。頬もこけてて不健康そうな雰囲気になってたし。

dark_tower_ver8.jpg Dark-Tower-Jae-Lee-Man-In-Black_1200_1778_81_s.jpg
コミック版のガンスリンガーと黒衣の男。厨二病が疼くね。


posted by 益子繭己 at 07:15| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

『 Baby Driver 』

baby-driver-poster.jpg
『 Baby Driver 』公式サイト

鑑賞日:2017年8月4日(2D英語)



「BABY DRIVER」を見てきました。珍しく日本と公開時差ないですね。

前半はこのかっちょなポスター通り、主人公の挙動やカーアクションと音楽がスタイリッシュ(もう死語なんだろうか、これ)に融合して、超リズミカルに進んで行く様が小気味よいのですが、コメディかと思ってたら後半そうでもない展開でちょっと悲しい気持ちに…。

Twitterで誰か仰ってたけど、確かにコーヒー買って帰ってくるだけでオシャレな音楽と映像の共演が良いのです。ミュージカルじゃないけど効果音とBGMを合わせてるところとかもなんというかミュージカル的。

ジェイミー・フォックスが近年最高に嫌な奴やってるんで、そこんとこヨロシク。(おい)

あと、なんか今まで見た時と全然雰囲気違ったから気づかなかったけど、ヒロイン役リリー・ジェームズだったのね!「シンデレラ」の時とも「高慢と偏見とゾンビ」の時とも全然違う、見事に片田舎のダイナーにいそうなガール・ネクスト・ドアな感じになってたよ!

ずっと舞台になってる街、どこなんだろうと思ってたんだけど、ポスターからするにアトランタなのかな?

しかし幼児がプレゼントにもらって嬉しいもの→iPodというのに、こ、これはまさにデジタルネイティヴの所業…!と戦慄したBBA世代。

そういやケビン・スペイシー久し振りに見たなあ。良識ある?強盗犯の元締め役でベイビーのドライビングスキルと生い立ちの理解者なんだけど、すごく……あっけなく……いや、それ言うと本作ではすっげえ胸クソの悪い役なジェイミー・フォックスもすごいあっけない……見りゃわかります。(汗)

portada1547.jpg

babydriverposter-1.jpg
ピンクベースなポスターはどれも格好良いなあ。
久々に映画のサントラCD買っちゃったよ!


posted by 益子繭己 at 03:14| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

『 Valerian and the City of a Thousand Planets 』

valerianposter.jpg
『 Valerian and the City of a Thousand Planets 』公式サイト

鑑賞日:2017年7月26日(3D英語)

そうそう「ヴァレリアン」見たんだけど…。SFで一部始終ドタバタした作品なのに、途中で眠くなって意識が薄くなってたこと数回あり、なんか…感想が出てこない。リアーナ演ずる変身能力のある宇宙人は良かったです、バブル。なんつーかね、ずっとスペース痴話喧嘩見てる感じで退屈しちゃったのかな。

https---blueprint-api-production.s3.amazonaws.com-uploads-card-image-463153-af6cb63d-8cc5-4045-8bb7-8d65ddf39916.jpg
ハリウッド的でないフレンチSFっぽいカラフルな世界観は楽しかったし、絶滅の危機にある、アバターの青い宇宙人が白くなって健康だと虹色に体内から光を放つ宇宙人基準的に美形な宇宙人の方々も男性と女性で声の差があまり大きくない中性的な感じとかいい感じだったんですけれど。(THE PEARLSと、真珠の擬人化みたいな種族ですね)

SFもののバンド・デシネが映像化されるとオモチャっぽい世界観になるのは何故なんだろう。

Valerian_3dH4h1H.jpg
カーラ・デルヴィーニュのヒロインは可愛いかった。ただ自信過剰のやればできる男だけど性格に難ありなパートナーと喧嘩ップルするんだけど、結局女性の方がしょーがないんだから!って感じに許してまとまるのが、何度も見てるとあーあな感じになってくるのでそれで飽きちゃったのかもしれん。デイン・デハーンが単に私の好みじゃないからだけなのかしら。(汗)


posted by 益子繭己 at 00:00| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

『 Baahubali 2: The Conclusion 』

Baahubali-2-New-Poster-Maha-Shivaratri.jpg
『 Baahubali 2: The Conclusion 』公式サイト

鑑賞日:2017年7月15日(ヒンズー語ドイツ語字幕)



バーフバリ!!バーフバリ!!IndoGerman FilmWeek、「バーフバリ」後編を見に来ました!今日は土曜日なので前編を見た木曜日夜より人が多くて、インド系の方々の姿も多い。ラウンジで売ってる何かのせいか、そこはかとなくカレー臭!(笑)

後編の方が長いみたいで、久々に上映中に中休みが入る映画だった…。尺的には後編はパパバーフバリパートのが長いぐらいで、うっかり好きな子に求愛のタトゥーとか彫っちゃう変態っぽい現主人公を忘れるところだった。

若りし頃のパパバーフバリの青春編から嫁が来たことから始まる怒濤の身内バトルロイヤルまで一気に行くよ!それにしても王太后様の目力強過ぎる。そして現在のシーンに戻ってから邪悪な叔父さん軍団と戦うわけだが、攻城戦の発想にド肝抜かれるから。

bahubali-the-conclusion-presenting-amarendra-baahubali-devasena-1.jpg
そして武闘派の強い女が好きなのは血筋?パパバーフバリとママバーフバリ(婚前)がなかなか素敵な夫婦弓アクションを披露してくれますよ!二人の愛の急激な高まりは天にも昇ってタイタニック!(見れば解る)

そういや「バーフバリ」も「滝下の村のガキから王になれ!!」だった。(笑)


posted by 益子繭己 at 05:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『 Spider-Man: Homecoming 』

spiderman1.jpg
『 Spider-Man: Homecoming 』公式サイト

鑑賞日:2017年7月14日(2D英語)



今日は「スパイダーマン・ホームカミング」を見てきました。節約のためIMAXではなく通常上映で。

トム・ホランドの新生スパイダーマンに太鼓判が押された感じで、初っ端から高校生男子っぷりが炸裂してるスパイディことピーター・パーカーが可愛い過ぎるぞー。アメリカの高校生の試練・プロムエピソードもあるし、ちょこちょこ登場する社長やキャップも微笑ましい。



ノリとしてはこのポスターを信じていい。とにかくスパイディが一生懸命な少年で可愛い。セクシーなマリッサ・トメイな叔母さんも健在。彼女が映画の最後に放った言葉が超ナイス。

…にしても、新作スパイダーマンを見てても制作側がダイバーシティというのに気を遣ってる感が凄く伝わってきたんだけど、おデブなオタクキャラに東洋人というチョイスにハリウッドが追いついてきた感じする。

それにしても「スパイダーマン・ホームカミング」で、既にトム・ホランドスパイディはMCU世界線のスパイディだからというイメージが確立していたため、初っ端にドーンとSONYのロゴが出てくることに違和感を感じてしまったんだよね。スパイディの権利ってどういう形で決着ついたんだっけ?


posted by 益子繭己 at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする