2018年02月25日

『 グレイテスト・ショーマン 』

548-film-page-large.jpg
『 グレイテスト・ショーマン 』公式サイト

鑑賞日:2018年2月16日(2D字幕)

フィギュアで盛り上がり過ぎて呟き忘れておりましたが、金曜日に「グレイテスト・ショーマン」見てきたわけですよ。「ララランド」のスタッフということを大きく謳われていますが、監督は違うのであんなトラウマティックな展開はしないのでご安心を。(笑)

のっけからミュージカル全開でおヒュー様のテノールボイスがキラキラと輝きます。人間賛歌を掲げる始終パワフルでキャッチーで爽快な楽曲が作品を彩り圧倒的な音楽力を感じます。ストーリーは明確でストレート。ただ実在したP.T.バーナムという男をどう受け取るかは難しい問題かもね、と。

サーカスととるかフリークショーととるかで大きく意味は変わると思う。今でこそサーカスはシルクドソレイユのような芸術と身体能力の極みのようなアートへと昇華されてきたけど、昔のサーカスというのは非人道的で闇すら感じる人々の笑顔の裏に犠牲になったエンターテイメントという印象があるし。

舞台となる19世紀のニューヨークでどれだけ人権や異なる人間に対する本当の意味での理解があったのかと。今や差別の産物としてフリークショーは世界から消えてきましたが、ニューヨークのコニーアイランドに十数年前は文化の継承という形で?フリークショー的な場所が残ってたのを思い出しました。

まああまりこういうポリティカルコレクトネスト的なことは考えずに楽曲とパフォーマンスの素晴らしさで楽しんだ方がいいのかもしれない。しかし作中スーパーポジティブであらゆる人の居場所を発案していくバーナムも“本物の芸術”を目にした瞬間に心を奪われてしまうシーンもあるのでまあ難しいところ。

いやーでもこれ、ほぼ演じてる俳優さんたちが歌も歌ってるわけよね?おヒュー様の歌唱力は知ってたけど、ザック・エフロン、ミシェル・ウィリアムズ、ゼンデイヤ、カーラ・セトルの歌は凄い。レベッカ・ファーガソンだけ吹き替えなのかな?

まあ本当に成功して人生が満たされてる社長は定時に帰宅して家族休暇を取るってやつだね!

ミュージカル映画は日本人にはイマイチ響かない傾向あるけど、昨今も定期的にミュージカル映画のヒット作は出てるし楽曲の素晴らしさは太鼓判なので良いと思いますぞ!

パンフレットもオールフルカラーで表紙はパール紙、金箔押しの豪華さで720円なんで良いぞ、良いぞ!

そうだ、昔から思ってたのだけど、サーカスの主催者?のことをリングマスターって呼ぶの格好いいよね。

なるほど、今パンフ読んだけど、これはP.T.バーナムの伝記的な物語ではなく、あくまで彼をモデルとしたエンターテイメントの究極の形なのね。

そしてバーナムが始めたサーカスがリングリングサーカスだったのか。2017年に興行終了したとのことで、すごいな〜〜。ニューヨークの下の方の埠頭近くの土地がタダ同然に安かったってのも聞くよね。(今じゃ考えられないが)

なんせ当時は50丁目ら辺に建てられた聖パトリック教会が街の中心地から離れ過ぎてて通い難い!と文句言われてたらしいからな。今やロックフェラーセンターの目の前の超一等地にあるのに、あれ。150年ぐらい前のニューヨークってほんと無法地帯で面白い。

そうそう「バーフバリ」もそうでしたが、ミュージカルという歌って踊るエンターテイメントを体現している要素の一つとして、名前も解らないキャラクターやバーのマスターのようなモブキャラまで動きがキレッキレで感動するから。一体ここまでピタッと決まる演技、何テイクしたのだろう、と。

01-the-greatest-showman-hugh-jackman-vogue-september-issue-2017.jpg
ヒゲの歌姫、全身刺青男、シャム双生児、アルビノ、大男、小人症、あるいは黒人……。彼らを総じて「ユニークな人」と呼び、かき集めの団員が一流の芸術家ではないことは百も承知で(でなければオペラ歌手のジェニー・リンドをして「彼らにも本物を見せてやりたい」とは言わんと思う)、仮に観客の歓声が感嘆ではなく好奇からくるものであったとしても「人を笑顔にできることが至高の芸術」と言えるバーナム。彼が世間の暗闇に隠れていた人々に光を与えたのは確かだ。でもそれは決して博愛的な精神からではなく……恐らくバーナムは善人でもなく偽善者である以前に、まず(ショー)ビジネスマンなんだろうなあと思いました。この映画を受け入れられる人と受け入れられない人は結構分かれると聞いたけど、何故そうなのかは解る気がする…。


posted by 益子繭己 at 21:41| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。