2017年02月18日

『 Hidden Figures 』

hidden_figures.jpg
『 Hidden Figures 』公式サイト

鑑賞日:2017年2月17日(2D英語)

ところで昨日見た「Hidden Figures」、日本ではいつ公開なのか知りませんが、「La La Land」に続き、いかにもアメリカ映画かつ、見た後に何だか幸せな気分になる映画で大変秀逸でした。実話ベースというのもね。ついでにケビン・コスナーすげー久し振りに見たよ。

アメリカとソビエト、どちらが人類初の有人宇宙飛行を可能にするかというスプートニクな時代のNASAの宇宙計画の裏側に知られざる黒人女性スタッフの姿があったという、近年90才前後で国から表彰を受けた3人の、NASAでの活躍と葛藤を描いた物語でした。

ケネディが大統領で、キング牧師が闘っていた、まだ街頭の水飲み場も、オフィスのコーヒーマシーンもトイレも、図書館も、学校も、バスの席も白人と有色人種が公然と別々に振り分けられていた時代に、女性かつ黒人という立場で個の能力の発揮のために意識の壁と闘っていたこんな才媛がいたんだなあ。

登場する三人の女性それぞれが結果的に全て「黒人女性初の◯◯」というタイトル持っちゃうぐらいで、そんな彼女らが当たり前のように一々人権侵害されるのが痛ましいのですが、それを全て己の能力と家族の理解で跳ね返し乗り越えていく姿が痛快です。皆それぞれ親やパートナーに恵まれているんだな…。

小さな娘が驚くべき数学の才能があることに気づいた両親が様々な弊害がある中どうにか彼女に最高の教育を与えてあげたいと奔走する姿など、たまたま彼女らが理科学分野のパイオニアだっただけで彼女らの闘いはもっと人としての根本にあるので、日本のプロモが所謂流行りのリケジョ云々にしないか心配。

ただ個人的好みの一つとして、数学も科学も全くダメ子だし、SFファンでもないんだけど、「人類初の宇宙飛行もの」には弱くて(「オネアミスの翼」大好物)宇宙飛行士のグレン・パウエルが非常に快活な好青年として描かれてるのも良かったです。やっぱね、ロケット打ち上げってロマンなんだよ。

ネタバレになりますが、宇宙開発部に有色人種初の職員として異動になった主人公のキャサリンが、所属の建物内の女子トイレの使用を許されず、往復40分かけて遠くの別棟の有色人種用トイレに行かなきゃいけないのが可哀想でさあ…。女性だし、こんな生活してたら膀胱炎になっちゃう!と心配する私。

異動して最初に彼女が女性の上司に女子トイレはどこかと聞くと、その上司はなんの悪びれもなく「ここにあなたのためのそんなものがあると思う?」と返すのですよ。差別という意識すらない時代。恐ろしい。

それにしてもキルスティン・ダンストが「ミセス◯◯」とか呼ばれて登場して何の違和感もないので驚いた。え、これ…キルスティン・ダンスト…だよね?みたいな感じで。大人になりました。というか円熟してきました。

ケビン・コスナーも「アンタッチャブル」の頃のアルマーニのスーツがピシッと決まってた頃を思うと、腰回りがすっかりおじいちゃんになってきたのですが、「マン・オブ・スティール」のときのおとん役も良かったよな…。

そうそう、一番上は理解あるのに直属の上司がクソな環境で苦しんでいる方が見るといろいろ死ねるシチュエーションも数々ありました。(苦笑)

とてもポジティブな気分になれる映画です。少女たちよ、ペンを持て。ついでに剣を持ってもいいと思う。頑張れ。私たちはこの時代より恵まれた環境にあるはずなのだ。

IMG_1368.jpg
こちらがキャストと実在の人物の比較です。キャサリン・ジョーンズ、メアリー・ジャクソン、ドロシー・ヴォーン。あと時代のせいなのか、彼女らが最高峰のインテリな人たちだからなのか、独特の癖はあるけれど、今の黒人のお姉ちゃんたちよりずっと綺麗で優雅な話し方(言葉遣い)してたなー…と感じたのですが…。


posted by 益子繭己 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447122248

この記事へのトラックバック