2017年01月27日

『 マグニフィセント・セブン 』

The-Magnificent-Seven-International-Poster.jpg
『 マグニフィセント・セブン 』公式サイト

鑑賞日:2017年1月27日(2D字幕)

「マグニフィセント・セブン」はイーサン・ホークがすごい老けててびっくりした。昔デンゼルが師匠でイーサンが部下の潜入捜査官みたいな映画あったよね?デンゼル、ほんとに年齢不詳なんだけど。

そんな老けこんだイーサン(ちょっと背中が丸い)に先生しっかりしろよと寄り添うイ・ビョンホン(クラス・アサシン)の彼氏感ってわかる気がする。(笑)

ユル・ブリンナー版の旧マグニフィセント・セブンの記憶があやふやなのでそっちと比較できないのだけれど、勘兵衛ポジがデンゼルで、菊千代ポジがクリプラ、七郎次ポジがイーサン、久蔵ポジがビョンホン、勝四郎ポジがレッドハーベスト、五郎兵衛ポジがバスケス、平八ポジがジャックってとこかなあ。

なんにせよ戦隊構成に7人っつーのは良い人数であります。

ついでにアニメのSAMURAI 7もすごく好きです。

それにしてもクリプラって今、最も西部劇が似合う俳優かもしれない。

その昔ネイティヴアメリカンにドハマリしてた時期があって、必然的に西部劇系結構見たんだけど(でも白黒時代のはあまり見てない。何故ならそこまで時代を遡るとインディアンって単なる野蛮なやられ役としか描写されてないから)最近はあ、またこの人出てる!ってネイティヴ役者さんあんまり見ないなあ。

ネイティヴアメリカンが好意的に描かれるようになったのはやはり「ダンス・ウィズ・ウルブス」以降だと思う。

「ヤング・ガンズ」では勿論チャベス役のルウ・ダイアモンド・フィリップスが大好きでした。この映画にヴィゴ・モーテンセンが狡獪な悪保安官役で出てるのを知ってますか。(胸を張れるようなことか)

エミリオ・エステベスとかキーファー・サザーランドとか、若いよーー。

ジャック・ホーン(ヴィンセント・ドノフリオ)は見かけによらず声が高いクマ男さんでした。腕力でもって人を伐採するように殺すけど、敬虔なクリスチャンだよ。



この二人はまさに生死を共にできたことが何よりもの幸せだったんじゃないかな。 > RT

magsevenposter.jpg
こちらのポスターもカッコ良いですね!


posted by 益子繭己 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック