2017年01月14日

『 アンダーワールド ブラッド・ウォーズ 』

jchxi1esbwluvnsa3mho.jpg
『 アンダーワールド ブラッド・ウォーズ 』公式サイト

鑑賞日:2017年1月8日(2D字幕)

昨日は今年の映画初めで、闇の眷属、厨二病仲間の道人さん @dojindo と「アンダーワールド・ブラッドウォーズ」キメてきました。今週末封切りなのに都内1館、千葉県1館、パンフ制作なしってやる気あるの?!これもシリーズ5作目か6作目なはずだけど!

ケイト・ベッキンセール久々に見たけど相変わらず細くてゴシック&ボンテージな衣装が似合ってましたが、私の目的は!チャールズ・ダンス!チャールズ・ダンス!!(大事なことなので二度言いました)前作でヒロインが彼の息子を救ったので最初から割と好意的なおじいちゃん吸血鬼だよ!

14876651_1589886551037495_8896887637712267011_o.jpg

吸血鬼(本気出すと皆瞳がアイスブルーになるのいいよね)の中ではやや世俗的で穏健派なチャールズ・ダンスことトーマス。息子のデヴィッドと共に密かに追われる身のヒロインをサポートします。トーマスは老齢ながら息子たちを逃すため二人の若手実力者の刺客に華麗な剣さばきで立ち向かうのですが…。

普通にしてる方がよほどヘビを睨み殺しそうなチャールズ・ダンスなので、もうちょっと頑張って欲しかった…。というかチャールズ・ダンスをもっと拝みたかった…。後半、実は死んでませんでした〜〜みたいなしぶとさを見せてけれたら良かったのになあ…。

アンダーワールド続き。今回は大分北の方まで行くので、北欧の雪山の中でひっそりと暮らす吸血鬼の一族も出てきます。多くがプラチナブロンドで、ベッキンセールらがゴシックな真っ黒いパツパツの現代服なら、何故か彼らはヒラヒラの白い布の服に鎧を着込んだ時代錯誤なワルキューレっぽい姿。

割と過去の出来事やしばらく出てこなかったキャラクターとかご都合主義的に片付けられてる大雑把さはあるのは否めませんが、チャールズ・ダンスで全て許そう。(おい)

あとアンダーワールドの世界のヴァンパイアは血を飲むと、その血の持ち主の人生(過去に何をしてきたか、何があったか)が解るので、真実の証明に血を少し与えたり…とかの描写があるのが面白いんだよね。血を媒介にする種族らしくて良い。

よく見たら配布ポストカードはデイヴィッドのほかにセリーン、トーマスそして、マリウスとあったらしく、なんでトーマスじゃないの!!と嘆くワタクシ。

Marius_Blood_Wars.jpg

ちなみにライカン族の長・マリウスって前からこの役者さんだったっけ?そこはかとなくドニー・イェン似の役者さんなんだよなあ。いや、ドニーの兄貴のが格好いいけど。


posted by 益子繭己 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445895450

この記事へのトラックバック