2016年12月26日

『 ドント・ブリーズ 』

dont_breathe.jpg
『 ドント・ブリーズ 』公式サイト

鑑賞日:2016年12月21日(2D字幕)

昨日レディースデイのチャンスを利用すべく「ドント・ブリーズ」を見てきたのですが、ナメてたジジイが元軍人のスーパージジイで強盗が返り討ちというコンセプトは面白いんだけど、地下室のシーン辺りから毛色が怪しくなってきて、某白濁液で完全にダメになってしまった。

うん、戦争行って失明するような傷負って、最愛の娘まであんなことになって、そういう境遇なのはわかる……わかる……が、ごめん、ちょっと生理的にムリあれ。

絶賛されてる方が多かったのでタイトルの通り暗闇の中での息を潜めた攻防の脅威みたいな方のドキドキを期待してたんだが、尻が座席から浮くほどのショックもなく……ホラー?いや、あれホラーじゃないよ。サスペンスだよね?

うん、でもジジイの無双っぷりはすごかったよ。しかしああいう展開、気の毒になるのはやはりマジメくんポジション。


posted by 益子繭己 at 13:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445260980

この記事へのトラックバック

「ドント・ブリーズ」
Excerpt: 「20年に1本の恐怖の作品」という謳い文句。じゃあ20年前ってどの作品を指すの?などと野暮なことは聞かない。確かに怖くて思い切り異常。デトロイトからカリフォルニアへ出て行きたいと願う男女3人が、その手..
Weblog: ここなつ映画レビュー
Tracked: 2016-12-28 14:04