2016年10月06日

『 ハドソン川の奇跡 』

sully.jpg
『 ハドソン川の奇跡 』公式サイト

鑑賞日:2016年10月5日(2D字幕)、11月9日(2D字幕)

やばい……「ハドソン川の奇跡」マジやばい……。見てる間ずっと涙目で、怖くて逃げ出したいぐらいのシーンもあったけど…最後全部救われた…。

そうか、これ2009年の事故か…。30年ぐらい前のポトマックリバーに着水した飛行機事故と部分的に記憶がごっちゃになってたけど私がニューヨークを去った後に起きた事故だったのね。これ、物凄く911を経たニューヨークで起きたってことが大きいよ。私もそれだけで感情移入し過ぎてしまった…。

サリー機長の凄さは勿論だけど、頼もしい副機長、あの状況で冷静に乗客を諌めて指示を出すCAさん、そして想定外の事故に全力で、物凄い対処スピードで救助に駆けつけた人たちの姿に(これ911の前例があるからこそにも感じた)人間ってこんなに凄いんだと泣きそうになるのをずっと堪えてたよ。

「ニューヨークに感動するとは」まさにそれだ。ここは厳しくて忙しなくて時に危険で大変な街だけど、大好きだという個人的感情がふつふつと…。やはり第二の故郷と呼びたいのはこの街だなあ…。

911のとき、殆どの交通機能が麻痺している中オペスモックを着たままダウンタウンに向かって走っていくお医者さんや看護士さんを見たときや、自分にも何かできることはないだろうかと事件の翌朝病院に献血にいったらもう一杯でいらないよと言われたときのニューヨーカーすげえ!に似た体験をしたよ。

トム・ハンクスは本作のキャンペーンで来日した際のあまりの可愛いさに好感度が急上昇してたんだけど、白髪姿も割とすぐ見慣れるし、あれ?と思ったけどこの人の英語ってめちゃくちゃ聞きやすいね。

この映画が救われてる部分の一つに、粋なアメリカンジョークというのも含まれると思うんだけど、実話ベースの話だからなのか、なんか、会話がすっごく普通で、大したテンションの上下もなく淡々と流れてくるジョークの数々…あ!これアメリカ人の会話だ!ってなんか異様に感じたんですけど。

いや、もう素晴らしかった。少なくとも本年度後半期一位にはなりそう。年間でも上位確実。(個人の見解です)おヒゲのアーロン・エッカートも凄く良かったよ〜!

しっかしさあ、自分、乗り換えも含めれば(国内線・国際線共に)人生で飛行機には50回以上ぐらいは乗ってると思うんだけど、全く怖い目には遭っていない。寧ろこの間の台湾で着陸リトライになったのが一番やばかったかも。(苦笑)

ただ遅延や手違い、荷物が出てこないとか乗り換えが間に合わなくて予定外の土地に宿泊とか空港に一日中カンヅメとか、その手のトラブルはなんでもござれってぐらいやってきた。空港内をダッシュして、辿り着いたらゲート閉まってて、開けろォ!乗せてくれぇ!ガンガン☆とかやったことあるし。

「ハドソン川の奇跡」の印象を引きずっているなー。フィルモグラフィー見たら、私はイーストウッド監督作は「マディソン郡の橋」と「スペースカウボーイ」と「硫黄島からの手紙」と「アメリカン・スナイパー」しか見たことなかった。

副機長だったスカイルズ氏は今も現役パイロットなんだって。すごいねえ。

そうそう緊急事態の通報に応じラガーディアやティターボロ(こんな空港あるの知らなかった。ニューヨークの空港はJFKとラガーディアとニューアークの3つだと思ってた)への帰還を導こうと必死に指示する管制塔のお兄ちゃんもいいのよ。私もあんな感じにロストしたらショックで立ち直れないわ…。


posted by 益子繭己 at 02:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ニュースウィークでのレビュー読んで観てみたいなーと思っていたんだよ。
誰のレビューよりも当てにしてるので、先生がそう仰るなら、私も見に行こうかな。
相変わらずお忙しいのかと思いますが思い出したらお声掛け下さいまし!
Posted by Daimon@鱈沖 at 2016年10月25日 06:14
ん?見慣れないハンドルネームだが、君かい?Jくんかい?
だとしたらお久し振り!
「ハドソン川の軌跡」いいよー。大々的ヒットにはならなかった感があるが、ニューヨークやアメリカ人、アメリカ社会に少しでも触れたことがある人なら感慨が倍増しになる気がする。すごく静かで、リアリティに溢れ、事実に対するリスペクトを感じる作品だったよ。
Posted by 益子繭己 at 2016年11月08日 19:10
先生!
ご名答。
おいら達のおもひでの場所でのナイスなショットを思い出していただけただろうか。
時々お邪魔して楽しく拝読しております‼
具合が悪かったご様子、しっかり静養して(忙しくて難しいのかとは思うけれども)滋養あるものを沢山摂って復調されます様に。
Posted by Daimon@鱈沖 at 2016年11月09日 06:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック