2018年03月08日

『 シェイプ・オブ・ウォーター 』

91Nn26BiCjL._SL1500_.jpg
『 シェイプ・オブ・ウォーター 』公式サイト

鑑賞日:2018年3月4日(2D字幕)

次は大本命「シェイプ・オブ・ウォーター」行くよー。

「シェイプ・オブ・ウォーター」デル・トロ版美女と野獣というか、そもそもコンセプトが美女と野獣ではないと思う。そういや世界のあらゆる御伽噺等に美女に化けた物の怪と人間が結ばれる話は多いけど、外見や身分で欺くことのない真の愛とはこれだというデル・トロ監督の提示。

ちなみにディズニーアニメの「美女と野獣」を思春期のみぎりに見た際、結末を見て「なんで王子に戻んだよ!It’s meじゃねーよ!!野獣を返せよ!!」「なんで唐突にわいた王子で納得するんだよ!お前が好きだったのは野獣じゃねーのかよ、ベル!」と怒り狂う友人たちに囲まれた環境で育って良かったと思う。

t-Shape-of-Water-Set-Design.jpg
美術や音楽は見事に50年代ノスタルジーをまとい、デル・トロらしい暖かくて暗いシャビーな感じがたまらない。それに加えて今回は半魚人なのでぬめりと生臭さと湿気が漂う、まさに暗い水槽にたゆたうような質感の映画。生臭い描写はいろいろあるんだけどね。

あ、舞台は1962年だった。

時代設定的にも登場するあらゆるマイノリティたちの不当な扱いにムカムカするシーンが所々にあるんですが、皆孤独ではあるけれどちゃんと理解者もいるので救いはあるんですよ。特にオクタヴィア・スペンサー演ずる主人公の職場の同僚はすごい包容力だ。

3bec89edc0d747e098ac11b25adb9a89.jpg
オクタヴィア・スペンサー演ずる清掃婦のゼルダ。とにかく大きな声でよく喋る。なんかこういうおばちゃん懐かしい。何でもはっきり言うけどあらゆる局面で彼女も社会的弱者であり、彼女なりに懸命に生きていることを感じさせるキャラクターだ。イザベラとは10年来の同僚ということだが、きっと彼女も最初は手話が解らずイザベラと意志の疎通をするのが大変だったと思うんだけど、そんな大きな手間を踏んでも二人に友情が芽生えたのはお互い孤独な者同士の共感があったんだろうなあと思う。今やゼルダが完全におかんポジションだけど。

そうそう、「緑は未来の色」っての、なんか解る気がするんだ。

あ!「シェイプ・オブ・ウォーター」のストリックランドやってたマイケル・シャノンって、ゾッド将軍の人なのか!!

image_49d66665_a2e3_4811_b463_ad7f76ce7c29.0.jpg
ストリックランドは女性に対してのオトコの誇示の仕方がゲスいし、白人男性という最強ポジに居座りながら力こそ正義、俺のような男に負けはない主義甚だしいキャラクターなんだけど、上司に有能だと認めてもらうために必死な姿とか自分の精神安定と肯定のために自己啓発本(笑えることにトランプ大統領の愛読書としても有名なやつを)読んでたりする姿とかもちゃんと描かれているので、極端なキャラクターだけどどこか我々とも繋がっているものを感じるキャラクターで、人間が陥り易い「普通の定義」を歪ませた結果を見せられているようで、この男が弱っていく姿を見るのはザマアミロとうわあ…が入り混じったモヤッとした気分になるんだよね。

ストリックランドのセクハラ、パワハラ発言マジムカつくし、そのマッチョイズムにイライラするんだけど、本人もそれが強い故に自滅しているのでもはや呪いだな、と…。あとジャイルズのダイナーの店主とのやりとりは本当に悲しくなるんだ。後から職場復帰できない理由も察せられて。

rv-ff-water-feature1207rv01.JPG
ジャイルズがダイナーの店主に失恋するシーンは本当にすごく印象に残ってる。身寄りのないゲイの老人。多分それが理由で彼は家族もいないし、仕事も失っている。仕事に関しては広告に写真が台頭してきた時代でイラストは古いと言われ始めてきてしまった時代のイラストレーター。自分もいろんな意味で時代遅れな人間だなあとつくづく思うし、将来もきっと孤独死すると常日頃思っているからジャイルズの姿は自分の姿のようにも見えて辛かった。本当の自分を打ち明けられないから不味いパイを買ってダイナーに通い続けてきた彼が寂しさのあまりふと一線を超えた瞬間に降り注ぐ氷点下対応。あれは……泣いちゃうよ……。

それにしても、映画のくくりの最後の一編の詩?は美しかった。shapeを気配と訳すの、美しいなーと思ったり。


〜〜「シェイプ・オブ・ウォーター」アカデミー賞4冠の報を聞いて〜〜

わお!作品賞も監督賞も!!おめでとう、デル・トトロ!!

しかし「ブラックパンサー」にしろ「シェイプ・オブ・ウォーター」にしろ今のハリウッドがフィクションの形を取りながら痛烈にトランプ政権批判のポーズしてるのは良いことことだと思う。

図らずもアカデミーの結果知る前に「シェイプ・オブ・ウォーター」見てこれて良かった。なんとなく。

The-Shape-of-Water-Guillermo-Del-Toro.jpg
20180120233036.jpg
「シェイプ・オブ・ウォーター」の不思議な生き物は目の網膜の感じが魚というより両生類な感じがよく出ててすっごい良い。目と唇に監督はこだわったというが、唇の造形は紛れもなくダグ・ジョーンズ。

一夜明けて、つくづく監督がスポンサーにあれこれ口出しさせないために半分自腹を切って作った映画がアカデミー作品・監督賞を獲ったってすごいことだわ…。完全に世間受けから外れた作品、しかもファンタジージャンルに入るような題材の作品がアカデミーに認められるって本当快挙。

スメルズ・ライク・オタク・スピリット代表なデル・トロ監督がアカデミー監督なんて天上人になることにちょっぴり淋しさも覚えるのだけど、彼が、彼の愛する世界が認められたということは本当に嬉しい。デル・トトロ、トトロ♪ オタクの森にむかしから住んでる〜〜♪

「シェイプ・オブ・ウォーター」は絶対響かない人や生理的に拒否る人がいるのは明確に感じる映画なんだけど、解る人には大切にしてあげてね…って感じの映画だ。でもそういう映画がアカデミー賞って確かに凄い…。

うん、デル・トロの大事な破片、大切にとっといてね…って感じの。



posted by 益子繭己 at 23:30| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『 15時17分、パリ行き 』

The-1517-to-Paris-poster-600x889.jpg
『 15時17分、パリ行き 』公式サイト

鑑賞日:2018年3月4日(2D字幕)

というわけで、まずは「15時17分、パリ行き」を見てきます。欧州鉄道の旅大好きな私、大丈夫だろうか。

「シェイプ・オブ・ウォーター」の余韻で「15時17分、パリ行き」の感想を述べられないでいたけど、こちらもこちらで面白い映画でした。話題になっている通り主人公3人はおろか、事件車両に居合わせた他の乗客や怪我人、警察官や救急隊員の人たちまでご本人登場というリアリズムの徹底がすごい。

イーストウッド映画で上映時間90分ちょいという異例のコンパクトさなんだけど、主人公3人がどういう家庭環境に育った人間なのかとか子供時代からしっかり描いているのはいいんだけど、子供時代の部分だけは実演部分じゃないせいもあって多少蛇足感を感じました。

TLで「観光シーンが長い」というのが流れてて笑ったけど、私は幼馴染の3人のうち2人は軍隊に入ったことで初めて海外に渡航し、休暇をとって親友を呼びよせて千載一遇のヨーロッパ旅行を無茶苦茶楽しんでる姿を見てニヨニヨしてしまった。

ore_15_17_spencer_stone_anthony_sadler.jpg
小さな町で育ったアメリカ人にとって欧州、殊にイタリアの街の美しさなんかを見たらあんな風にちょっぴりおセンチになってしまう気持ちもなんかわかるのよ。いや、それにしてもさ、この楽しさを幼馴染の野郎3人でエンジョイしてるってのが可愛い過ぎるだろって。

件の彼らの勇気ある行動と小さな幸運が重なって奇跡が起こったシーンは実際の出来事と同じぐらいの尺なんじゃないかってぐらいあっと言う間に描かれます。しかし本当に他のご本人共演者も、よくあんなトラウマになりそうな出来事を再現することに協力してくれたものだ…。

アメリカでは仕事がないからとか、奨学金がもらえるからなどで結構皆カジュアルに軍隊に入ったりするんだけど、体術なり人命救助なり、軍隊に入れば皆あれくらいできるようになるのだろうか…。スペンサーくんの適切な怪我人への対処や声かけとか本当に感心してしまったよ。

何気ないキャストまでご本人起用でリアリズムを追求した作品だったけど(主人公の演技は全然上手くないんだけどもう本人だから仕方ない)流石に某大統領まではオファーできなかったか…。でも映像の繋げ方が解り易いからこそ「実話」の威力もひとしおな感じがしたよ。

ブラッドリー・クーパーが本物のクリス・カイルそっくりになってた「アメリカン・スナイパー」、911後のニューヨークの空気を克明に描いていた「ハドソン川の奇跡」とこれでテロとの戦い以後のアメリカンヒーロー三部作なのかな。実話ベースの映画は訴えてくるものが鋭いなあとつくづく思いました。

The-15-17-to-Paris-Alek-Skarlatos-Anthony-Sadler-and-Spencer-Stone.jpg
こちらが……というか映画でも主演の3人。軍属でない一般人なのは真ん中のアンソニーだけ。彼は帰国後国から民間人としては最高栄誉の賞を受賞したのだとか。


posted by 益子繭己 at 23:13| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

『 ブラックパンサー 』

Black_Panther_Poster04.jpg
『 ブラックパンサー 』公式サイト

鑑賞日:2018年3月3日(IMAX 3D字幕)

本日はワカンダ王国に訪問してきたぞー。ワカンダーフォーエバー!!!

ティチャラ陛下とシュリ王女の兄妹がとってもお兄ちゃんと妹!って感じで大変可愛ゆうございました。マサイの女戦士といった風貌のドーラ・ミラージュのオコエさんの槍捌きも格好良かったし、ヒロインのナキアさんといい、女性キャラが皆清々しいほど格好良い。

DONNqfyVwAA6qqz.jpg
ティチャラ陛下の妹君・シュリちゃん。お転婆で現代っ子でお兄ちゃんと屈託なくじゃれあってる姿が可愛い。

DONNeahVoAABC7H.jpg
DONNsqqVwAA3Q0t.jpg
陛下の元カノにして王妃候補ナキアさんは後からルピタ・ニョンゴかあ!と気づきました。オコエさんはとにかく男前で格好いい。

Black-Panther-Okoye.jpg
www.cbr_.comblack-panther-dora-milaje-de142e995f251835bffb3b66c2bba21e743d394f.jpg
be0ukhni6zwibcmvrlg4.jpg
ワカンダ王国の国王の衛兵は女性だけの精鋭部隊・ドーラミラージュ。思いっきりトライバルかつ未来的な戦闘服。オコエさんはその親衛隊長で最も腕の立つ将軍。彼女の槍は伸縮する如意棒ならぬ如意槍。

実はいい奴なゴリさんとか「ウィンター・ソルジャー」では嫌な奴っぽい登場のし方だったマーティン・フリーマンなロス捜査官がちょっとコミカルでいい人になってたりと各々のキャラの魅力が立っていました。

あ、間違えた、ロス捜査官初登場は「ウィンター・ソルジャー」じゃなくて「シビル・ウォー」だった。

アンディ・サーキスは相変わらずイカレた役が上手いですね。

スタン・リーおじいちゃんも健在☆

「ブレードランナー」以降、近未来っぽい世界観にアジアンテイストのミックスはSFの王道になってましたが、アフリカンサイバーパンクはなかなか新鮮で、そうかこれをアフロフューチャリズムというのか。

アメリカではMCUシリーズの中でも異例のヒットっぷりを見せているそうですが、指導者の資質を問われたり国外で起きている大きな社会問題から守りに入って背を向けるのはいかなるものかという提起は実に今の世相を表しているなあと思いました。思いっきり愚かな者は壁を築き…って言っちゃってるし。

ティチャラ陛下はこれからも成長を遂げていくんでしょうなあ。ワカンダ、フォーエバー!!



ちなみに今日、アンナミラーズの最後の砦、品川てんのアンミラに行ってきましたぞ!アンミラで熱いアメコミ話してきた!(笑)ホットアップルパイ食べてきちゃった♡(ダイエットはどうした…)初めて見る例の制服に友人がワキワキしてました。(笑)



この曲「ブラックパンサー」の主題歌だと知らずにラジオで何度も聴いていたのだが、流れる感じがいい曲だなー。

MCU映画はいつもエンディンググラフィックの素敵さと最後のオマケ映像まで、本当に尻尾まで美味しい映画だよね。


posted by 益子繭己 at 23:48| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

『 空海−KU-KAI− 美しき王妃の謎 』

DMQzheKV4AAdm9x.jpg
『 空海−KU-KAI− 美しき王妃の謎 』公式サイト

鑑賞日:2018年2月28日(2D吹替)

本日はレディースデイ活用で、せっかく染谷将太が中国語頑張ったらしいのに日本では吹き替え版しか公開していない「空海」を見てきたのですが、日本人留学生の空海クンが唐でとんちんかんちん大活躍する話なのかと思っていたら、すごくニャンコ映画でした。それもそのはず、原題は「妖猫傳」だよ!

映像はどこか白組っぽさも感じるチャイニーズファンタジーを表現していて美しかったし、楊貴妃役のチャン・ロンロンが大変美しかったのですが、展開がかなりバタバタでチェン・カイコー映画的切ない味わい深さは薄い仕上がりだったかなあ。阿部ちゃんが阿倍仲麻呂ってだけで見る価値はあるのだが。

034718e9-6fb1-4944-bc08-edbf42861a07.jpg
今回恐らく初めてお目にかかった女優さんのチャン・ロンロン。実にお美しかったです……。

とにかくニャンコ。肝はニャンコ。CGニャンコが非常に表情豊か。またオヤジ声で喋る黒猫(ゴウト…)とか蠱毒とかライドウファンが反応する要素も有り。

「空海」の黒猫ちゃんの表情豊かさは本当に良くて、漫画にならない程度のバランスでよく出来てたと思います。丹龍に襲いかかろうとして、でもできなくて泣いちゃうシーンは心底不憫に見えました。白鶴の少年たち、好きだなー。

吹き替え版しかないので中国人キャストの声は高橋一生とか東出昌大とか六角精児や吉田羊、イッセー尾形がやっている。しかし山寺宏一の声が聞こえてくると安心するこの効果はなんだろう。


posted by 益子繭己 at 00:00| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

『 グレイテスト・ショーマン 』

548-film-page-large.jpg
『 グレイテスト・ショーマン 』公式サイト

鑑賞日:2018年2月16日(2D字幕)

フィギュアで盛り上がり過ぎて呟き忘れておりましたが、金曜日に「グレイテスト・ショーマン」見てきたわけですよ。「ララランド」のスタッフということを大きく謳われていますが、監督は違うのであんなトラウマティックな展開はしないのでご安心を。(笑)

のっけからミュージカル全開でおヒュー様のテノールボイスがキラキラと輝きます。人間賛歌を掲げる始終パワフルでキャッチーで爽快な楽曲が作品を彩り圧倒的な音楽力を感じます。ストーリーは明確でストレート。ただ実在したP.T.バーナムという男をどう受け取るかは難しい問題かもね、と。

サーカスととるかフリークショーととるかで大きく意味は変わると思う。今でこそサーカスはシルクドソレイユのような芸術と身体能力の極みのようなアートへと昇華されてきたけど、昔のサーカスというのは非人道的で闇すら感じる人々の笑顔の裏に犠牲になったエンターテイメントという印象があるし。

舞台となる19世紀のニューヨークでどれだけ人権や異なる人間に対する本当の意味での理解があったのかと。今や差別の産物としてフリークショーは世界から消えてきましたが、ニューヨークのコニーアイランドに十数年前は文化の継承という形で?フリークショー的な場所が残ってたのを思い出しました。

まああまりこういうポリティカルコレクトネスト的なことは考えずに楽曲とパフォーマンスの素晴らしさで楽しんだ方がいいのかもしれない。しかし作中スーパーポジティブであらゆる人の居場所を発案していくバーナムも“本物の芸術”を目にした瞬間に心を奪われてしまうシーンもあるのでまあ難しいところ。

いやーでもこれ、ほぼ演じてる俳優さんたちが歌も歌ってるわけよね?おヒュー様の歌唱力は知ってたけど、ザック・エフロン、ミシェル・ウィリアムズ、ゼンデイヤ、カーラ・セトルの歌は凄い。レベッカ・ファーガソンだけ吹き替えなのかな?

まあ本当に成功して人生が満たされてる社長は定時に帰宅して家族休暇を取るってやつだね!

ミュージカル映画は日本人にはイマイチ響かない傾向あるけど、昨今も定期的にミュージカル映画のヒット作は出てるし楽曲の素晴らしさは太鼓判なので良いと思いますぞ!

パンフレットもオールフルカラーで表紙はパール紙、金箔押しの豪華さで720円なんで良いぞ、良いぞ!

そうだ、昔から思ってたのだけど、サーカスの主催者?のことをリングマスターって呼ぶの格好いいよね。

なるほど、今パンフ読んだけど、これはP.T.バーナムの伝記的な物語ではなく、あくまで彼をモデルとしたエンターテイメントの究極の形なのね。

そしてバーナムが始めたサーカスがリングリングサーカスだったのか。2017年に興行終了したとのことで、すごいな〜〜。ニューヨークの下の方の埠頭近くの土地がタダ同然に安かったってのも聞くよね。(今じゃ考えられないが)

なんせ当時は50丁目ら辺に建てられた聖パトリック教会が街の中心地から離れ過ぎてて通い難い!と文句言われてたらしいからな。今やロックフェラーセンターの目の前の超一等地にあるのに、あれ。150年ぐらい前のニューヨークってほんと無法地帯で面白い。

そうそう「バーフバリ」もそうでしたが、ミュージカルという歌って踊るエンターテイメントを体現している要素の一つとして、名前も解らないキャラクターやバーのマスターのようなモブキャラまで動きがキレッキレで感動するから。一体ここまでピタッと決まる演技、何テイクしたのだろう、と。

01-the-greatest-showman-hugh-jackman-vogue-september-issue-2017.jpg
ヒゲの歌姫、全身刺青男、シャム双生児、アルビノ、大男、小人症、あるいは黒人……。彼らを総じて「ユニークな人」と呼び、かき集めの団員が一流の芸術家ではないことは百も承知で(でなければオペラ歌手のジェニー・リンドをして「彼らにも本物を見せてやりたい」とは言わんと思う)、仮に観客の歓声が感嘆ではなく好奇からくるものであったとしても「人を笑顔にできることが至高の芸術」と言えるバーナム。彼が世間の暗闇に隠れていた人々に光を与えたのは確かだ。でもそれは決して博愛的な精神からではなく……恐らくバーナムは善人でもなく偽善者である以前に、まず(ショー)ビジネスマンなんだろうなあと思いました。この映画を受け入れられる人と受け入れられない人は結構分かれると聞いたけど、何故そうなのかは解る気がする…。


posted by 益子繭己 at 21:41| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする